読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sudo関連のメモ

visudo

visudo コマンドで編集するファイルは、
/etc/sudoers

ubuntuでsudoできるようにする設定

dockerコンテナで作業。
Ubuntu 16.04.2 LTS

実行するコマンド

useradd -m user1
echo 'user1:pass1' | chpasswd
usermod -aG sudo user1

Dockerfileに書く場合

RUN useradd -m user1 && \
    echo 'user1:pass1' | chpasswd
RUN usermod -aG sudo user1

sudoというグループに追加するだけでsudoできるようになるのは、
/etc/sudoers

# Allow members of group sudo to execute any command
%sudo   ALL=(ALL:ALL) ALL

と書かれているから(だと思う)。
CentOS 6 だと書かれてなかった。

https://sites.google.com/site/teyasn001/home/sudo

amazon linux ec2-user no password

AWSのAmazonLinux 、ubuntu で初期ユーザーのsudoでパスワードが不要なのは、
/etc/sudoers.d/cloud-init

user ALL = NOPASSWD: ALL
と書かれているからだった。

/etc/sudoers の最後に /etc/sudoers.d の中のファイルを include してるっぽい記述がある。

## Read drop-in files from /etc/sudoers.d (the # here does not mean a comment)
#includedir /etc/sudoers.d

初期アカウントがパスワード無しでsudo出来るのが気持ち悪いという貴方へ – サーバーワークスエンジニアブログ

Amazon EC2にSudoユーザーを追加する。 - Qiita

/etc/sudoers
/etc/sudoers.d/cloud-init

cloud-init

sudoとはあまり関係なさそうだけど cloud-init の記事。
http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/cloud-init-cfg/

http://inokara.hateblo.jp/entry/2015/11/14/105727