読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンギュラリティまであと何日

シンギュラリティが起こるとされる、2045年まであと28年。
28 * 365 = 10220
なので、あと1万日くらい。 キリのいい数字だったので、今日から何日後なのか調べてみた。
あと、ちょうど10000日の日付も調べてみた。

Python

from time import time, mktime
from datetime import datetime, timedelta

# calculate remaining days to the year 2045
ts = time()
print datetime.fromtimestamp(ts).strftime('%Y/%m/%d %H:%M:%S')

ts_xday = mktime(datetime.strptime('2045/1/1', '%Y/%m/%d').timetuple())
delta1 = timedelta(seconds=(ts_xday - ts))
print delta1

# when is the date which 10000 days remain.
ts10000 = ts_xday - timedelta(days=10000).total_seconds()
print datetime.fromtimestamp(ts10000).strftime('%Y/%m/%d')
2017/03/26 23:22:52
10142 days, 0:37:07.029797
2017/08/16

結果は、2017/03/26 からだと、あと10142日だった。
ちょうど10000万日になるのは2017/08/16

https://ideone.com/KD3VfS

2038年問題

codepadというサイトで実行したら、エラーになった。

http://codepad.org/aK8hiSUs

http://codepad.org/hPRC7LhS

メモ

Wikipediaを見たらシンギュラリティの予測は、2029年になったと書いてあった。
技術的特異点 - Wikipedia

レイ・カーツワイルは、技術的特異点論者として2017年3月10日から2017年3月19日にかけて米国テキサス州で開催されたSXSW Conferenceに登壇した。その議論の中で、技術開発の進捗が2005年当時の予測より早くなっているとして、技術的特異点の到来が2029年に早まるとの見方を示した。[3]